▲TOPへ戻る

文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
このエントリーをはてなブックマークに追加
資産コンシェルジュコラム、ノートとペン

『法定相続情報証明書』制度が開始されました!

 

相続の手続きの煩雑さが少し軽減されることが期待されます

 

「法定相続情報証明制度」が始まる

 平成29年5月29日(月)より、全国の登記所(法務局)において、各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まりました。
 今までは、相続手続において、亡くなった方の戸除籍謄本等の束を、相続手続を取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要がありました。この法定相続情報証明制度は、登記所(法務局)に戸除籍謄本等の束を提出し、あわせて相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を提出すると、登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付されます。 その後の相続手続は、法定相続情報一覧図の写しを利用することで、戸除籍謄本等の束を何度も出し直す必要がなくなります。
 この制度は、相続発生後に不動産登記が被相続人から相続人に移転することなく放置されている現状を、手続を簡略化することで、相続による登記が行われないで放置されるのを抑制するのが目的です。法定相続情報証明が金融機関窓口等、さまざまな場面で有効に使えるようになると、相続発生後の諸手続が、幾分か楽になることが期待されます。一部の金融機関では、法定相続情報証明制度の活用を表明しています(平成29年5月29日時点)。

法定相続情報

 

法定相続情報登記制度の手続き

(1)申出人となることができる人
 本制度を利用できる人(申出人となることができる人)は、被相続人(亡くなられた方)の相続人(または、その相続人)です。また、本制度の申出は、申出人からの委任によって、代理人に依頼することができます。委任による代理人については、親族のほか、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士及び行政書士に依頼することができます。
 被相続人や相続人が日本国籍を有しないなど、戸籍謄抄本を提出することができない場合、本制度を利用することができないので、注意が必要です。

(2)必要書類の収集
■必ず用意する書類
・被相続人(亡くなられた方)の除籍謄本 ※出生から亡くなるまでの連続した戸籍謄本及び除籍謄本
・被相続人の住民票の除票
・相続人の戸籍謄抄本
・申出人(相続にの代表となって手続きを進める方)の氏名・住所を確認することができる公的書類
■必要となる場合がある書類
・ 各相続人の住民法記載事項証明書(住民票の写し):法定相続情報一覧図に相続人の住所を記載する場合
・委任状:委任による代理人が申出の手続をする場合
・被相続人の戸籍の附票:被相続人の住民票の除票を取得することができない場合

(3)法定相続情報一覧図の作成
 被相続人(亡くなられた方)及び戸籍の記載から判明する相続人を一覧にした図を作成します。
 ⇒ 主な法定相続情報一覧図の様式及び記載例(法務局HP)

(4)申出書の記入、登記所への申出
 申出書に必要事項を記入し、(2)で用意した書類、(3)で作成した法定相続情報一覧図と合わせて申出を行います。申出をする登記所は、以下の地を管轄する登記所のいずれかを選択することが可能です。
 1.被相続人の本籍地(死亡時の本籍)
 2.被相続人の最後の住所地
 3.申出人の住所地
 4.被相続人名義の不動産の所在地
 なお、申出や一覧図の写しの交付(戸除籍謄抄本の返却を含む)は、登記所で直接行うほか,郵送によることも可能です。郵送による一覧図の写しの交付(戸除籍謄抄本の返却)を希望する場合は、その旨を申出書に記入した上、返信用の封筒及び郵便切手を同封します。窓口で受取をする場合は、受取人の確認のため、「申出人の表示」欄に押印した印鑑を持参します。
(5)法定相続情報証明の留意点
 法定相続情報証明制度において交付する一覧図の写しは、相続手続にのみご利用できます。法定相続情報証明制度は、戸除籍謄本等の記載に基づく法定相続人を明らかにするものです。そのため,相続放棄や遺産分割協議の結果によって、実際には相続人とならない方(相続分を有しない方)がいる場合も、法定相続情報一覧図にはその方の氏名等が記載されます。
 したがって、遺言書や遺産分割協議によって、法定相続分と異なる割合で相続を行う場合は、それらの書面を合わせて添付する必要があります。

 

【お勧め相談メニュー】
遺産分割協議書作成サポート
遺言書作成サポート

 

『法定相続情報証明書』作成支援サービス

 

 当事務所では、法定相続情報証明書制度の申出手続を代理で行います(行政書士業務)。

●法定相続情報証明書作成支援サービス
報酬:32,400円(税込)交通費・実費(手数料・通信料)は、別途、頂戴いたします
※電話・ご面談で一度、打ち合わせをさせていただきます。

 ※実費の目安
  戸籍謄抄本 1通 450円、除籍謄本 1通 750円、住民票の記載事項証明書 1通 300円

【ご面談場所について】

・ご依頼主様指定の場所(ご自宅・会社など) 別途、交通費を頂戴いたします。

 

ご相談からコンサルティングの流れ

まずは、お気軽にお問合せください。

まずはお気軽に電話ください。お問合せ、ご相談、打ち合わせ、ご提案の流れ。

ご提案後の実行支援・フォローアップも行います。

●電話 042-327-5575
●お問合せフォーム こちらをクリック ※入力フォームの画面に移ります。
●メール
メールお問合せ ←クリック ※メールソフトが起動します。