▲TOPへ戻る

文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
このエントリーをはてなブックマークに追加
相続・贈与学習ノート、ノートと付せん

相続・贈与学習ノート ~目次〜

 相続というと、かつては、資産家をイメージして、多くの方には、あまり関係ないことと認識されてきました。ところが、最近は、「相続が争族に」というキャッチフレースで、相続が身近な話題として取り上げられるようになりました。その中には、相続をビジネス・チャンスとして捉え、間違った情報や誤解を生むような表現のものも見かけます。私たち消費者は、必要最低限の相続・贈与に関する意識を身につけておくことが大切だと思います。
 平野経営法務事務所では、相続・贈与に関する基礎知識を「相続・贈与学習ノート」として、まとめています。

 

相続編

相続の基本

相続と相続に関係する法律

相続と贈与、遺贈との違い

相続人の範囲

相続人が亡くなった場合などの代襲相続(相続放棄、廃除・欠格と代襲相続)

法定相続分

・相続人に不適格者がいる場合は(欠格、排除)

・相続人がいない場合

・寄与分〜亡くなった人の財産形成に貢献した場合

・特別受益〜生前に亡くなった人から特別に経済的援助を受けた場合

・遺留分〜相続人が最低限保証された相続分

・借金の相続

・身近な相続争い

 

遺言書

・遺言をする意味

・遺言書の種類

・遺言できる内容

・自筆証書遺言書作成の手順

・公正証書遺言書作成の手順

・秘密証書遺言書作成の手順

・遺言書サンプル/ひな形

 

相続の手続き

 

相続税の基礎知識

 

相続財産の評価

 

 

贈与編

贈与の基本

 

贈与税の基礎知識

 

【お勧め相談メニュー】
遺言と相続
相続対策のご相談

 

ご相談からコンサルティングの流れ

まずは、お気軽にお問合せください。

まずはお気軽に電話ください。お問合せ、ご相談、打ち合わせ、ご提案の流れ。

ご提案後の実行支援・フォローアップも行います。

●電話 042-327-5575
●お問合せフォーム こちらをクリック ※入力フォームの画面に移ります。
●メール
メールお問合せ ←クリック ※メールソフトが起動します。