▲TOPへ戻る

文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
このエントリーをはてなブックマークに追加
プライベートバンキング業務、アンティークな部屋のイメージ

平野経営法務事務所のプライベートバンキング(PB)業務

 
全ての人のためのプライベートバンカーとして、
中立・公正な独立系プライベートバンカーとして、
お客さまの人生観・価値観を尊重し、望む人生を実現する。

 プライベートバンキング(PB)とは、PB先進国の欧米においては、「富裕層の資産の保全ならびに効率的な次世代への承継を支援するための、金融資産の運用を中心とする包括的な個人金融サービス」と捉えています。日本においては、PBという概念や実践は、金融業界でも、未だきちんと浸透されておらず、資産の多寡で、顧客を選別し、富裕層向けの金融商品の販売をあたかも、PB業務と称しているように個人的に感じています。

 私は、金融機関に属さない独立系ファイナンシャル・プランナーとして、長年、活動を続けて参りました。お客様へのコンサルティングを通して感じていることは、お客様自身や家族の夢や目標の実現のためには、金融商品の販売よりはむしろ、お客様自身の人生観・価値観を尊重し、それに沿ったライフプランを共に作り、資金的な裏づけを確保しながら、その実行をサポートすることが重要だということです。ライフプランを実現するためには、証券や保険などの金融面だけではなく、各種法制や税制などの問題、家族間・親族間などの人間関係の課題を解決しなければならないということもあり、むしろ、こちらの方が重要なのです。

  従いまして、金融機関と異なる立ち位置の独立系のファイナンシャル・プランナーと同様に、独立系のプライベートバンカーの必要性を常日頃から感じています。また、高齢化・少子化が急速に進み、年金不安や運用環境が悪化する中で、老後も豊かで安心した暮らしを送るための資産運用や、これまで築き上げた一族の伝統や歴史を次世代に伝承するための相続・事業承継は、富裕層だけではなく、全ての人にとって大切なことだと考えています。

  そこで、平野経営法務事務所では、金融機関に属さない、中立・公正な独立系プライベートバンカーとして、また、全ての人のためのプライベートバンカーとして、お客さまの人生観・価値観を尊重し、望む人生を実現するためのサポートをさせていただきます。

 

 プライベートバンカーのロゴ シニアプライベートバンカーのロゴ  シニア・プライベートバンカー
(公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定)
 平野 泰嗣

 

プライベートバンカーとは

プライベートバンカーとは

 プライベートバンカーとは、「顧客のために、金融資産のみならず、事業再構築・承継を含めた生涯あるいは複数世代にわたる包括的・総合的な戦略をベースに投資政策書を立案し、その実行を助けるとともに長年にわたってモニタリングを行う専門家」です。
 公益社団法人 日本証券アナリスト協会では、「プライベートバンキング(PB)教育プログラム」に基づき、PB資格試験を実施しています。
 事務所代表の平野泰嗣は、プライベートバンカーの最上位資格であるシニア・プライベートバンカー(シニアPB)資格保有者として、同法人より2014年8月に認定されています。
※2016年5月21日現在、シニアPB資格保有者は、全国で45名です。 【PB資格保有者名簿

 

PBコンサルティングの視点

PBコンサルティングの視点、スリーサークルモデル

 ファミリーミッション(※1)が達成できるように、「資産の所有」、「事業経営」、「ファミリー」の3つの視点で、金融資産だけではなく、一族のさまざまな資源を活用しながら、次世代への承継を行うために全体最適を目指します。

(※1)ファミリーミッション
子孫や家族が繁栄するために、価値観や目標を含めて定め、行動指針を明示するものです。

 

PBコンサルティングの進め方

PBコンサルティングの進め方

 

投資政策書の作成

投資政策書(IPS)とは

 「投資政策書」(Investment Policy Statement)とは、顧客が投資(※2)に関する意思決定を行うための裏づけとなる提案書です。お客さまの生涯、あるいはファミリー(一族)全体が目指す「ファミリー・ミッション」、「ファイナンシャル・ゴール」達成のために、現状を分析した結果、どのような対策(最適な資産配分やストック資産運用、相続や事業承継、更に不動産の有効活用など)が可能なのか、金融資産の運用や節税のみ、といった部分最適ではなく、生涯あるいは複数世代にわたり、資産保全を中心に全体最適を目指して助言するための提案書です。
(※2)ここでいう「投資」とは、金融資産の投資だけではなく、一族・ビジネスの人的資産、社会的資産を含めた資源配分を指します。

 

投資政策書作成のメリット

(1)お客さまが思い描く最終的な姿(ゴール)が明確になります
(2)お客様の生涯、次世代を踏まえた全体最適となる投資の意思決定が行えます
(3) 他の親族等、利害関係人とのコミュニケーションツールになります

 

投資提案書の内容(例)

●冒頭:提案の要旨
●ファミリーミッション 【事業面】【家族面】
●現状分析 【事業面】【家族面】
●抱える課題  【事業面】【家族面】
●各対策の比較検討  【事業面】【家族面】
●金融ポートフォリオの提案
●リスクとモニタリング・フォローについて
●計算根拠等の付表
投資政策書(IPS)のイメージ

 

投資政策書作成に必要な費用

 お客様の資産状況、家族構成、ビジネス規模、作成の目的によって内容が変わりますので、個別にお見積もりさせていただきます。

○作成費用の目安
【事例1】全ての個人の方に
・作成目的:ご本人の老後の安心のための生活設計と資産運用、相続の基本方針を決める
・資産内容:金融資産5,000万円前後、不動産(自宅、生家)
・費用  :10万円(税別)〜

【事例2】全ての中小企業経営者の方に
・作成目的:後継者への事業承継のための準備、自身の老後の生活設計と相続対策
・資産内容:自社株(1社経営)、不動産(事業用、自宅)、金融資産1億円未満
・費用  :20万円(税別)〜

【事例3】ファミリー(一族)で複数のビジネスを持つ方に
・作成目的:ファミリーのビジネスと資産の継承のため
・資産内容:自社株(複数)、不動産(事業用、不動産投資、、自宅)、金融資産1億円超
・費用  :50万円(税別)〜

 

PB業務で提供するソリューション例


 長年培ったネットワークにより、さまざまなソリューション(課題解決)のためのツールを用意しています。以下のソリューション・ツールは、その一部分です。個別のツールにご関心を持たれた方も、ぜひ、気軽にお問合せください。

■ファミリーオフィスの運営サポート ■資産管理・相続スキームの立案
ファミリーオフィスの運営サポート 資産管理・相続スキームの立案
ファミリーオフィスとは、事業に成功した資産家のファミリーが、所有する事業や資産を積極的に経営・保全・運用し、ファミリーの永続的な発展を目的として運営されるプライベートな組織です。当事務所では、ファミリーオフィスの運営を番頭としてサポートします。 資産を管理・保全したり、次世代へ承継していくためには、経営権の問題、意思決定者の判断能力の低下、ファミリー構成員への富の分配、税務対策など、さまざまな視点が必要です。当事務所では、最適な法務スキームの組み合わせをご提案させていただきます。
■不動産の有効活用のご提案 ■海外ヘッジファンド等による資産保全
不動産の有効活用のご提案 海外ヘッジファンド等による資産保全
従来のような節税目的をメインとした土地活用だけではなく、その土地の本来持つ価値に見合った収益を生み出すことが重要です。資産全体の調査、分析を行い、ニーズや目的に合った対策案をご提案し、実行します。各種専門家とのコーディネートも行います。 経済のグローバル化にともない、従来型の資産ポートフォリオでは、大切な資産を守ることができない可能性が生じています。当事務所では、本業ビジネスや金融資産だけではなく、所有資産全体を見据えながら、海外ヘッジファンド等を含めたグローバルな視点で、包括的資産ポートフォリの構築をご提案をします。
■ベンチャー・キャピタル ■公益財団法人設立アドバイス
ベンチャーキャピタル 公益財団法人設立アドバイス
将来の上場やM&Aを目指して、企業の成長を加速化させる新たな資金調達手段として、ベンチャーキャピタルを活用してみませんか。当事務所では、事業会社が成長戦略の一環として、本業とシナジーのあるベンチャー企業への投資を戦略的に行うベンチャー投資(コーポレート・ベンチャーキャピタル:CVC)をご提案します。 欧米では、成功した経営者・資産家が財団(Foundation)を 設立し、社会貢献活動(チャリティ)を行うのが常識となっています。日本においても、公益財団法人の設立は、富裕層の税務対策と公私に渡るイメージ戦略において極めて有効であり、 無限の可能性を秘めています。当事務所では、公益財団法人の設立に関するアドバイスを行います。

 

 当事務所では、各種法令を遵守し、金融商品の勧誘及び募集行為、税理士法に規定する税務相談は、一切行いません。これらの業務は、提携する専門士業、正規の金融商品販売事業者等をご紹介させて頂きます。

 

ご相談からコンサルティングの流れ

まずは、お気軽にお問合せください。

まずはお気軽に電話ください。お問合せ、ご相談、打ち合わせ、ご提案の流れ。

ご提案後の実行支援・フォローアップも行います。

●電話 042-327-5575
●お問合せフォーム こちらをクリック ※入力フォームの画面に移ります。
●メール
メール ←クリック ※メールソフトが起動します。

個人の方向けメニュー

法人の方向けメニュー

資産コンシェルジュコラム

コンシェルジュコラムのバナー

相続・贈与学習ノート

相続贈与学習ノートのバナー

業務提携パートナー募集

最新ニューズレター

暮らしと資産のコンシェルジュ通信最新号の画像

暮らしと資産コンシェルジュ通信
最新号(PDF版)
バックナンバー

【編集・発行】

FPオフィス
Life & Financial Clinic

運営者情報

平野経営法務事務所詳細
●国分寺事務所 【Map

行政書士平野経営法務事務所
国分寺市東恋ヶ窪3-9-40

Tel 042-327-5575
●京橋事務所 【Map

オフィス平野/平野経営法務事務所
中央区京橋1-3-2 モリイチ 304

Tel 03-3231-6113

平野経営法務事務所のロゴ