▲TOPへ戻る

文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
このエントリーをはてなブックマークに追加
相続・贈与学習ノート、ノートと付せん

相続人の範囲〜相続人になれるのは誰?

被相続人と相続人

 相続の世界では、直系尊属(ちょっけいそんぞく)や直系卑属(ちょっけいひぞく)、血族相続人(けつぞくそうぞくにん)、代襲相続人(だいしゅうそうぞくにん)など法律特有の言葉が登場します。
まず、死亡して相続の対象となる財産を残した者を被相続人、被相続人の財産上の権利や義務を包括的に承継する地位にある者として、民法で定められている者を相続人と呼びます。
 また、通常の相続では、法律で定められた相続人(法定相続人という)の中で、誰がどのくらいを相続するのかが決められることが多いのですが、そのほかにも死因贈与の契約がされていた、あるいは遺言で指定されているなどで、相続人以外にも内縁の妻や愛人、恩人、遠い親戚の人などが絡んでくるケースがあります。
 これらの者について、遺言で指定されている場合は受遺者、また被相続人が生前に被相続人と一定の贈与契約を交わした者は受贈者という言葉で、それぞれ呼ばれ、法定相続人とは区別されます。

 相続人には、大きく分けると配偶者相続人と血族相続人との2つがあります。このうち、血族相続人については、被相続人との血縁により、さらに、
・第1順位 子どもなどの直系卑属
・第2順位 被相続人の親や祖父母などの直系尊属
・第3順位 被相続人の兄弟姉妹
の3つに分けられています。

 

配偶者はいつでも相続人となる

 被相続人の配偶者は、以下で述べる第1順位、第2順位、第3順位のいずれの場合にも、血族相続人と並んで相続人となることができます。配偶者は被相続人と協力をして、その財産形成に貢献したと考えられるため、法律でもそうした点に配慮した結果といえます。
ただし、この場合の配偶者とは、婚姻届を出している法律上の配偶者をさし、婚姻届を出していない内縁関係の場合には相続人になることはできないので注意が必要です。内縁の妻に対して、財産を遺したい場合は、遺言を書く必要があります。

 

血族相続人の優先順位

 民法では相続する順番について次のような定めがあります。

●第1順位:被相続人の子
 被相続人に子がいれば、子が配偶者とならんで相続人となります。
この場合、実子や養子、嫡出子や非嫡出子の区別はなく、また、性別や長男、次男などによる違いもありません。以前は、相続分について、非嫡出子は、嫡出子の相続分の2分の1という決まりがありましたが、最高裁判所により違憲と判断され、廃止されました。
 また、相続開始時点ですでに本来の相続人であるはずの子が死亡している場合、その子ども、つまり、被相続人の孫が相続します。また、孫もすでに死亡している場合には、その子ども、つまり被相続人の曾孫が相続する決まりになっており、これを代襲相続と呼んでいます。

●第2順位:被相続人の直系尊属
 被相続人に子がいない場合などには、第2順位として、被相続人の父母、祖父母など被相続人の直系尊属が、配偶者と並んで相続人になります。なお、この場合、実父母であると養父母であることを問いません。

●第3順位:被相続人の兄弟姉妹
 第1順位の子(または、代襲相続人)、第2順位の直系尊属の相続人がいないとき、第3順位として被相続人の兄弟姉妹が配偶者と並んで相続人になります。
 この場合の相続分に関して、半血の兄弟姉妹(両親のうち一方の親が違う兄弟)は、全血の兄弟姉妹の2分の1という決まりがあります。先の嫡出子・非嫡出子と混同しやすいので、注意が必要です。また、代襲相続は、兄弟姉妹の子どもまでしか認められません。

 

法定相続人の範囲

 

胎児の相続権

 胎児は、相続に関しては生まれたものとみなして相続権を取得します。ただし、死産の場合は、なかったものとされます。また、生まれてすぐに亡くなった場合は、いったん子が相続するが、その財産はその子の親である亡くなった故人の配偶者が相続することになります。第2、第3順位の血族相続人の相続権の有無に影響するので、注意が必要です。

 

「相続・贈与学習ノート」(目次)へ戻る

 

ご相談からコンサルティングの流れ

まずは、お気軽にお問合せください。

まずはお気軽に電話ください。お問合せ、ご相談、打ち合わせ、ご提案の流れ。

ご提案後の実行支援・フォローアップも行います。

●電話 042-327-5575
●お問合せフォーム こちらをクリック ※入力フォームの画面に移ります。
●メール
メールお問合せ ←クリック ※メールソフトが起動します。